有酸素運動と無酸素運動

ダイエットするための運動には、有酸素運動と無酸素運動があります。無酸素運動は、酸素を必要としない訳ではなく、筋肉に掛かる負荷が高いため、筋肉が酸素を取り込む事が出来ない運動を言います。これにより運動している場合は、息切れが起こります。

しかし、この無酸素運動もダイエットに効果を発揮する運動の一つとなっています。無酸素運動を行った後に、有酸素運動を行うと、ダイエット効果がさらにアップします。しかし、過度な運動は、体に掛かる負担が多くなるので、適度な運動に抑えておきましょう。

ダイエット効果を得るために、運動を行うのは非常に良い事なのですが、継続しなければなりません。また、すぐに効果が出る方と、ある程度継続しなければ効果が出ない方もいるので、個人差があります。

運動ダイエットに関して、注意しなければならない事があります。有酸素運動でジョギングを行う場合、普段何も運動をしない人が、急激にハードなジョギングを行うと、筋肉や関節部分に負担がかかり、怪我や故障してしまう可能性があるので注意しましょう。何事も適度が良いので、ちょうどいい運動量を目標に継続する事が重要なのです。それが運動ダイエットで大事な事です。